未来のために♪


私の予想では先の衆院選で、自民党が負ければおよそ2000人ぐらい

逮捕されると思っていましたが、残念ながらまだの様子・・・・


えッ?誰が?って。。


まぁ、政治家・官僚などなど・・・多数!(笑)



今、民主党政権で問題を抱えている問題は、すべて自民党のせい!!

この問題を検証してみました♪(笑)




日本の政治は、


特権官僚=官

大資本企業=業

米国=外

御用メディア=電

と癒着する政治屋=政


によって編成される「利権互助会」=「悪徳ペンタゴン」に支配されています。

綺麗に五角形に出来上がるため、悪徳ペンタゴンと称します。。





相変わらず腐っている、まずはメディアから♪

ほとんどコピペですがご覧くださいまし。。





ジャーナリスト B・フルフォード氏のブログより転載。

12/9
世界をお金で支配することにより覇権を握ってきたオジサン達は、

現在大変な不安と恐怖に陥っている。

彼らはあまりにも長い間(100年以上)お金を「賄賂」という形で

多くの国の権力者や指導者達にばら撒き社会を管理してきたが、

まさかそれが出来なくなる日が来ることを夢にも思わなかっただろう。

日本の場合、日本国民から710兆円を盗むため汚染された政治家などに

数千憶をばら撒いた。

しかしこれからその710兆円を返してもらうために

動き出している勢力が確実に力を増している。

日本の汚染された政治家などは二度と売国奴行為を行わないことを

約束しない限り、痛い目に遭うだろう。

先週海外から国際警察やIT専門家や政治家など多くの人物が

ワシントンD.C.へ行った。

暫く時間はかかりそうだが、沢山の人々が犯罪組織である米連銀を調査し、

閉鎖をするための準備をしている。

一方では最高の黒幕であるパパブッシュやヘンリー・キッシンジャーなどが

逮捕される(された?)という情報があらゆるところで騒がれている。

この際彼らの日本での手先であった三極委員会のメンバーも全員一旦逮捕し、

尋問をするべきだ。

彼らが行ってきた悪事が知れ渡れば、国民は怒り狂うだろう。

例えばCIAからの情報によると、中曽根元総理は日本の厚生省に圧力をかけ、

様々な消費材の安全基準を緩和させたらしい。

そのため女性ホルモンが沢山ばら撒かれ、日本の男性の多くを女性化させた。

化粧品などにも含まれており副作用がある。

この連中が未だに野放しになっているのはおかしい。


12/5
一昨日前フジテレビの報道番組から私に出演依頼の電話があった。

彼らは私にオバマ大統領の経済政策について番組でコメントをしてほしいという。

またrecovery.governmentのサイトを読んで分析をすることも頼まれた。

私はオバマ大統領の経済政策はアメリカを益々みじめにしている理由を説明した。

先ずアメリカ経済データの捏造を具体的に説明し、

アメリカの失業率が米連銀のエコノミストの試算で17.5%になっていることも伝えた。

それからrecovery.governmentのサイトが嘘八百であることも説明した。

口約束ばかりをしているが、実際には全く実施をしてないことを

具体的なデータを用いて説明した。

アメリカが倒産している理由も伝えた。

日本と中国政府のデータを見ればわかるように、

現在誰もアメリカ国債を買っていない。

オバマが昨年中国から一兆ドルを借りたが、

それを全部使い果たしもうこれ以上借りることは出来ないのだ。

このように具体的な裏の取れる事実を沢山述べた後、

フジテレビのプロデューサーは上司に相談すると言い出した。

そしたらこういう回答がきた:

「すいません。明日の出演依頼はキャンセルさせて下さい。

今回の番組の趣旨は日本がアメリカの真似をするべきだということなので、

あなたは呼べません。」

要するにフジテレビの「報道」番組は、予め決められた結論を事実と関係なく

日本国民に押し付ける仕事をしている。

これは立派な売国奴行為だ。

悪質な外国勢力のためのプロパガンダだ。

本来の報道の在り方は国民に客観な事実を伝えることであり、

国民を騙したり、洗脳をしたりすることではない。

是非これを機会にフジテレビの調教キャンペーンを始めたい。

共感された方は是非スポンサーによる広告のボイコットへの呼びかけと、

抗議の電話をして下さい。

「報道番組で国民を騙すことを止めないと、

もうフジテレビのニュースを信用しない」と伝えて下さい。

電話をかけると代表が出るので、社長室か広報部へ繋いでもらって下さい。

フジテレビの電話番号は03-5500-8888です。

国民を騙す報道機関を放っておくことは出来ない。

転載終了

ベンジャミン・フルフォード






経済学者 植草一秀氏のブログより転載

12/25
「悪徳ペンタゴン」の一角を占め、

主権者である国民の意思決定に深く関与できる立場にあるのがマスメディアである。

当然のことながら「官・業・外」の勢力は

「電」=「電波」=「マスメディア」を完全に支配下に収めてきた。

政権交代は実現したが、悪徳ペンタゴンによるマスメディア支配の構造は、

現段階ではほとんど変化していない。

この偏向マスメディアが朝から晩まで偏向報道を繰り返すのだから、

国民が影響されないはずがない。

西松建設事件でもあてはまることだが、

「政治とカネ」の問題で限りなく黒に近いグレー色に染め抜かれているのは、

多数の自民党議員である。

検察捜査が多数の自民党議員にほとんど波及しない「構造」こそ、

真相を解明すべき真のターゲットである。

自民党二階俊博議員の秘書が略式起訴されたが、

この立件でさえ、政権交代が実現していなければ実行されなかった可能性が高い。

千葉県知事の森田健作氏に対しても、

「かんぽの宿」疑惑に関しても、正式に刑事告発がなされている。

しかし、これらの問題についての検察捜査は一向に進展する気配を見せない。

次期通常国会に合わせて、「悪徳ペンタゴン」の「日本政治刷新」に対する攻撃は

激しさを増すことは目に見えている。

主権者である国民は、偏向マスメディアが取り上げる問題に

目を奪われてしまいがちだが、

こうした「情報操作」の裏側にある「大きな構造」を意識して考える習慣を持たねばならない。

主権者である国民にとって最も重大な事案は、表面を彩る「小悪」ではない。

「情報操作」の裏側で蠢(うごめ)く「巨悪」なのである。

日本政治の本当の正念場は2010年に訪れる。

この壁を打破して、初めて日本政治刷新の黎明が日本国民全体に届くことになる。

われわれの目の前で繰り広げられている「人為的な光景」は、

すべてが「政治闘争」の一場面なのである。

この基本を確実に押さえて、

すべての問題を見ることを主権者である全国民が意識しなければならない。


12/23
鳩山首相はガソリン暫定税率の実質的撤廃を断念する方針を示した。

このことをマスメディアがこぞって攻撃している。

年末に際して政治関連のバラエティー番組が編成されているが、

これまでの流れを維持して、鳩山新政権を攻撃する内容が目立つ。

2005年9月の総選挙で小泉政権が大勝した際には、

マスメディア報道は小泉万歳一色に染まった。

小泉万歳報道は2001年4月の小泉政権発足当初から持続したものだった。

2001年から2006年にかけて、小泉政権の失政は明白だった。

日経平均株価は14,500円の水準から7600円の水準に暴落した。

戦後最悪の不況が日本を覆い尽くし、

史上最悪の失業・倒産・経済苦自殺が国民を追い詰めた。

「退出すべき企業を退出させる」と公言しながら、

俎上に載せたりそな銀行を自己資本不足に追い込んだあげく、

税金による銀行救済を実行した。

日本の金融行政に最大の汚点を残した。

このような実績を持つ小泉政権だったが、

マスメディアは一貫して小泉万歳報道を続けた。

小泉竹中政治が完全に否定された現在でさえ

日本破壊の主犯格の竹中平蔵氏を登場させ続けるメディアが多く存在する。

小泉ジュニアを意味もなく持ち上げるテレビ番組も後を絶たない。

本年8月30日の総選挙で、日本国民は民主党を大勝させた。

2007年7月の参院選以来継続した衆参ねじれ現象も解消した。

8月30日の総選挙は政権交代の是非を問う選挙だった。

主権者である国民は満を持して政権交代実現に舵を切った。

メディアは本来、こうした国民の意思を尊重すべき存在である。

ところが現実には、激しい新政権批判が展開されている。

小泉政権と鳩山政権の最大の違いは、

「米国の言いなりになる隷属政権」と

「米国にも言うべきことを言う独立政権」との差にある。

沖縄普天間基地移設問題で鳩山政権は沖縄県民の意向、

沖縄議会の動向をも踏まえて、日本の正当な主張を米国に向けている。

過去の自民党政権が利権の思惑を優先して

米国政府と合意を形成してしまったことが大きな呪縛になっているが、

鳩山政権はこの呪縛を必死に解除しようと努力している。

この姿勢を日本のマスメディアが正当に評価するなら、

鳩山政権を支援する強力な世論が形成されるはずである。

ところが、マスメディアは足並みをそろえて

鳩山政権に対するネガティブキャンペーンを展開する。

デンマーク・コペンハーゲンでのCOP15会合の席上で

鳩山首相がクリントン米国務長官と会話した内容について、

米国サイドに疑義があるからといって、大使を呼び出したことを、

日本のマスメディアは米国の対応が絶対で、

米国から詰問される日本との図式で報道する。

このような報道を続けるなら、これらの報道機関は国籍を米国に転じるべきである。

日本に日本独自の主張があって当然である。

意見が異なる場合に、

すべて米国の言いなりになるべきとの習慣が染みついて離れないのであろう。

こうしたマスメディアの偏向報道をつぶさに観察すると、

その裏側に米国による日本支配の実相が透けて見えてくる。

政官業外電=悪徳ペンタゴンは日本に対米隷属の利権複合体による政治を

必死で復活させようとあがいているのである。

国民は自分の目で見て、自分の頭で考えて判断しなくてはならない。

いま国民に求められる行動は、偏向メディアに流されて、

鳩山政権攻撃に加担することではなく、

偏向メディア報道の裏側にある大きな力の存在を認知して、

メディアコントロール=洗脳工作に対する免疫力を高めることである。

年末に向けて、2010年度予算編成が焦点になる。

92兆円水準の予算規模を誘導する財務省派と

95兆円規模の予算編成を求める国民派がぶつかり合う。

鳩山首相がどのようなリーダーシップを発揮するのかが注目される。

転載終了

植草一秀の『知られざる真実』






日本を守るものに右も左もない ブログより転載

9/26


今回の政権交代は、前回の小泉選挙とは違い、

大衆的共認闘争の大勝利となった!

前回の小泉フィーバーは、

中立公正も何もない露骨な偏向・煽動報道によって郵政選挙が演出された。

ところが今回は、検察とマスコミが一体となって

小沢秘書などの政敵をも失脚させてきた中で、民主党の大勝利があった。

このような出来事は、今回が“始めて”であった。

『検察とマスコミの力』を持ってしても、『民意の力』には勝てなかったのだ。

『民意の力』が、マスコミが発信する世論操作を見破り、

跳ね返したことが今回の大勝利だったのである。

しかしながら、日常生活の中で我々は、まだまだマスコミによる

言論統制の影響を無意識の内に、受けることになる。

ここに、注意を払う必要が今後ともある。

マスコミの売りは、『思想・表現の自由』であるが、

『思想・表現の自由』は彼らのものではない、

国民のものだ。

『民意を無視した偏向・煽動報道』は、本来あってはならない。

転載終了

日本を守るのに右も左もない

なかなか解りやすい解説図付きです♪







亀井内閣府特命担当大臣繰上げ閣議後記者会見の概要
(雑誌・フリー等の記者) より転載


問)は、雑誌・フリー等の記者より質問
答)は、亀井金融大臣
副大臣)は内閣府・大塚耕平副大臣



12/17

問)
普天間の件ですが、亀井大臣がおっしゃっていることと

類似したことを岡田外務大臣もおっしゃっていまして、

「ルース駐日大使が顔を真っ赤にして怒った」というふうに、

一部のメディアは書かれているのですが、

「ああいうことは一切なかった」と言うのですよ。

「これはもう新聞社の創作だ」と言うのですね。

具体的に言うと、「産経新聞の創作だ」と言うのですが、

全くそのとおりだと思います。

アメリカの米軍の機関紙のスターズ・アンド・ストライプスというのも

「我々は日本政府には圧力をかけていない」と言うのです。

にもかかわらず、今、大メディアがこんな「大変だ」、「大変だ」と言うのは、

大臣はどこら辺の勢力がこれを書かせているのだと思いますか。

答)
いや、大新聞自身が、自分たちが狂っているのですよ。

大新聞が狂っている発信元なのですよ。私は本当にそう思いますよ。

結局、一周遅れなのですよ。占領時代と同じ考え方なのですよ。

「アメリカの機嫌を損ねたら、日本は大変なことになる」と。

「何が大変なことが起きるのかと言ってみろ」と。

だって、この間、日米航空交渉は妥結したでしょう。

あれによって、その中身が少しでも日本に不利になったことがあるのかと。

アメリカがそれで怒って強硬になって、

あえて邪魔をしてと(いうことは)ないわけでしょう。

そういう(ことが)、あるはずがないのです。

経済政策を変えるわけにいかないでしょう。

私は5月にワシントンに行ったときに、

(日本の)新政権が気に食わないといって、

「在日米軍を使って倒せるのかい」と(笑)。

そのときに私は教えてあげたのです。

「だから、CIAがこの私を暗殺せんと、

新政権はあなたたちの思うようにならないのだぞ」と言ったら、

こういう顔をしていたけれども。何もできないのですよね。

あと、アメリカにとって、日本は大変な大事な極東における同盟国なのですよ。

日本にとって、アメリカが大変な(大事)な同盟国であるのと同じようにね。

そこなのですよ。だから、日本がリーズナブルなことをやって、

誠意を持ってやる限りは、直ちにアメリカの要求が、

直ちにそのまま満足できることがなくても、日本の新聞が期待しているように、

アメリカが子どもみたいにウワッとやったり、ダァーッとやることはないのですよ。

問)
とはいえ、辺野古にできることによって、

懐がとても豊かになる人たちが日本の旧政権にも、アメリカにもいますよね。

渡邉恒雄(読売グループ本社代表取締役会長)さんとか、

そういう人と仲が良いですよね(笑)。それは関係があると思いませんか。

答)
どうですかね。

私は夕べ、渡邉恒雄(読売グループ本社代表取締役会長)さんとご飯を食べたけれども、

そんなこと言ってなかったですよ。

問)
そうですか。

副大臣)
だから、そういう質問も裏付けがないでしょう。

だから、おっしゃるけれども、渡邉(恒雄 読売グループ本社代表取締役会長)さんが、

本当にそういう仲が良いと、風評だけれども、誰も事実を確認しないで質問するでしょう。

それで、1点だけいいですか。産経新聞はひどいですよ。

私もやられたけれども、それから今日、また昨日、

北朝鮮のサッカーチームが入るか入らないか、ということで、

武正(外務)副大臣が、「スポーツだから入れてやってほしい」

というふうに発言したと載っているけれども、私はそこに一緒にいたけれども、

そんなこと一言も言っていないですからね。もう、なぜああいう…。

問)
ねつ造ですか。

副大臣)
ねつ造ですね。多分、武正(外務副大臣)君は、

今、抗議していると思うけれども、本当に、大新聞の、

もうクレディビリティー(信頼性)には、大いにクエスチョンマークが入りますね。

だから皆さん、ぜひ頑張ってくださいね(笑)。

答)
彼らは、やはり自信がないから、

「あなたたちと一緒の記者会見は嫌だ」と言うでしょう。

彼らは、自分たちがあなたたちよりレベルが低いという自覚があるから

一緒にやりたくないのだと…。


転載終了


どなちゃん注):上記の最後の彼らとは、記者クラブの事です。


金融庁・記者会見
亀井内閣府特命担当大臣繰上げ閣議後記者会見の概要
(雑誌・フリー等の記者)








関西では、やしきたかじんの『そこまで言って委員会』という

テレビ番組がありますが、この中で勝谷誠彦氏は今の関東の情報統制は、

東京は平壌であると言っております。。


勝谷誠彦
かつてレギュラー出演していたテレビ朝日(『やじうまプラス』)

および日本テレビのワイドショー(ザ!情報ツウやスッキリ!)では

「自分のコメントがすべて台本に書いてあった」と告白した。

また、テレビ朝日の番組(ビートたけしのTVタックル、

サンデースクランブルなど)内で対馬における韓国人観光客の

傍若無人ぶりを非難する発言や竹島問題についての発言を、

当番組やムーブ!(在阪他局の情報番組)と同じ内容で発言したところ

在日韓国大使館から抗議を受け、東京の番組を降板させられた。

さらにテレビ朝日上層部から「勝谷みたいな奴を使うな」

と出入り禁止の処分を受けた。この理不尽な扱いに、

当番組の放送の中で上層部の実名こそ出さなかったが、

復讐をほのめかす発言をした

(この処分は履行されず出入り禁止にならなかったが

「やじうまプラス」は2007年3月で降板〔本人曰くクビ〕になり、

その後は「たけしのTVタックル」のみの出演になった)。

また、2007年7月29日放送分で、『ピンポン!』(TBS)

で皇位継承問題について当番組と同じような発言をしたところ

番組をクビになったと告白した。

また、産経新聞のインタビュー「憂国のコラムニスト 勝谷誠彦」にて、

「たかじんさんもスタッフも、東京で放送したいなんて全く思っていないからね。

むしろ、東京だけに放送させない。

東京以外の全国ネットでやりたいと言っているし、僕もそう思う」と述べている[44]。

さらに、東京キー局や(東京キー局に追随する)

一部の地方局の理不尽なまでの過度な報道規制・偏向報道を危惧しており、

このままではいずれ首都圏は情報過疎地になると番組内で警告した。

理不尽な東京キー局の偏向報道を比喩表現になぞらえて、

「東京は平壌である」と非難したほどである。


たかじんのそこまで言って委員会 ウィキより

テレビ事情が事細かく書かれていて、すんごい読み応えがあります(笑)





とまぁ、出てくる出てくる♪(笑)

皆さんも政治番組や情報番組・ワイドショーなどに洗脳されて

騙されない様にしてくださいね♪

今の不況はアメリカ発の出来事なのに、

百年に一度の大不況と名前を変えて、アメリカ叩きをしないマスコミを見れば

いかにアメリカ寄りのメディアか判りますよね??




今の政治の現状は、沖縄普天間基地移設問題、献金問題、天皇会見問題で

マスメディアが鳩山政権攻撃を激化させたために、

各種世論調査での鳩山内閣支持率が低下しました。

しかし、鳩山政権に失策はありません。

ちょっとリーダーシップに欠ける所も見受けられますが、

会見などを観ると、今までの自公政権には無い

国民を思いやる暖かな気持ちが伝わってきます

所信表明演説の時は、NHK以外はすべて海苔ピー報道でした!(怒)

これも、腐った所が垣間(かいま)見える出来事でしょう。。




政官業外電の悪徳ペンタゴン勢力が2010年参院選に向けて、

利権政治復活のために情報操作を中心とする

工作活動を活発化させていることが、

世論調査結果変化の基本的背景なので、

マスコミに踊らされない様気を付けてください!



まずは、今年の衆院選で民主党が勝ちましたが、

悪の自民党はまだ健在です!(怒)

来年の参院選で自民党を叩き潰さないと、

私たち庶民の暮らしはますます酷くなります。

自公政権時に作ったがんじがらめの法律で、思うように経済が回復しません!

相手のあげ足を取って非難するばかりで国会では居眠りをするM元総理など

無能な自民党政治家は猛省しなさい!

まずは自民党を排除してから、民主党の中の官房長官・F財務大臣など

足を引っ張っている連中を監視していかなければ日本に未来はありません。



特権官僚=官

大資本企業=業

米国=外

御用メディア=電

と癒着する政治屋=政

の一角でも崩せたら、次々と崩壊して行くでしょう♪



未来のために、私たち庶民が目を覚まさないと

また闇の自公政権が待っています・・・・・

こういった利権に群がる連中は、真実を知られる事を極端に嫌います。

その為、ブログに不法アクセスをし改竄(かいざん)したり、

大量のスパムコメントなど送り付けて、暗に警告してきます。。

もちろんそれらに負けじと頑張りますが♪(笑)

逆に言えば、皆が気づいてブログなどで発信していけば、

大きな波となって、追い込む事が出来るかも!

政治改革は出来ましたが、市民の意識改革はまだまだです。。

たぶん、今回の記事で初めて知る人も居るでしょう。。







しかし、ユルユルと今年は記事を書いてきましたが、

まさか、こんな政治ネタになるなんて!

ちょっと自分でもビックリです!

あまりにもこういった庶民を騙し、洗脳するような行為を続ける、

マスメディアや自公政権・官僚に怒っている訳ですが、

頼むから来年はユルユルとした記事を書かせてくれぇ~!(笑)

ってたぶん・・・・来年も書きそうな気もします。。。





あと今年は、もう1本ぐらいユルユルとした記事を書く予定で~す♪(笑)










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2009年12月29日 22:11
政治は人それぞれの思想がありますからねぇ(^^;)
学生運動の様な時代が再び巡らないことを祈ります

電気代とか生活費をあげるなら
エコポイントなんてバラまかなくてよかったから
上手にやってくれよ~( >д<)
まぁ、政権後退が絡んでいたから
一口の文句には出来ないのでしょうが・・・

年金、わたしも間違っておりました
空白の半年間(とりかえしましたけど・・・

ニッポンの未来に頑張って欲しいですね、政治家さん、よろしくです

どなちゃん
2009年12月30日 11:43
ちまりさんへ♪
こんにちわ~♪

政治は、理念と信条を持って色んな意味で国民を守るのが
正しい姿だと思います。
しかしながら、自民党支配が55年も続いたため、
あらゆる所で癒着構造が発生し族議員が誕生しました。。
この辺は、まだかわいいもんですが、小泉政権になってから
目を覆う惨状が加速して行きました。。
上に書いた記事は、これらの惨状を紐解くうえで
まずは、メディアの現状を紹介しました。
自民党清和会(政)とメディアを仕切っている
電(広告代理店の電通)、電に圧力を掛けているアメリカ(軍事屋)、
利権に群がる官僚・大企業とトップ達と悪がいっぱいいます。
先に紹介した、食品添加物や化学合成物質も大企業と医療マフィアの
関係が見え透いてきています。
あまりにも一般庶民に知られていない所で、悪さをしているので
私達が生きていく中で影響のあるものとして、
まずは身の周りの環境から攻めてきました。
エコポイントに関しては、経団連から毎年30億近くの
献金を自民党が受けているため、経団連向けのサービスとして始めました。
この経団連に所属している大企業だけが潤い、
中小企業までは潤ってきていません。
これで大企業に景気調査をしても多少持ち直してきている!
という判りきったお馬鹿な発言しかしません。。

・・・次のコメへ続きます。。
どなちゃん
2009年12月30日 11:48
ちまりさんへ♪
800文字以内で収まりきらなかったので続きです♪

埋蔵金としては外貨準備高が100兆円ありますが、
外務官僚とアメリカの密約で売る事が出来ません!(怒)
もしも売ると、アメリカは破綻します。。
ただでさえ、アメリカは1京(兆の上)円以上の借金で
いつ潰れてもおかしくない状況なのですから。。
まぁ色々な問題を腐った自民党から民主へ引き継いだ訳ですが、
自民党の時は攻撃せず、民主を攻撃する今のメディアを何とか
しないと非常に危険な状態です。。
そのために私が色々と紐解いて行こうかな♪と思った次第です。
せめて皆さんに現状を理解して頂いて、メディアに流されない事を
願うばかりです。。