マスゴミ 2 ♪

相変わらず、記者クラブに属する腐った大手メディアは救いようが無いですね~

国営放送のNHKですら、検察からのリークを垂れ流し状態!

官僚と一緒で、悪い事をしても罰則が無い!というのが助長させています。。


マスゴミに有利な「刑法230条ノ2第2項」を廃止せよ

刑法230条ノ2第2項」の、いわゆる「みなし規定」により、
捜査当局から十分な取材をすれば、たとえそれが事実に反していたとしても、
名誉毀損の罪からは免れるということになっている。


そこで、発表やリークがなくとも、相手が捜査の幹部であれば、
こちらの描いた筋書きを問いかけて「ノー」と言われない限り、
それを書いてもいいという、ペテンのようなテクニックがまかり通っているのだ。


だから新聞はまずよほどの自信がない限り「本社の調査によると」とは書かない。
検察や警察の調べということにすれば、いざ名誉毀損ということになっても、
新聞は責任逃れができるというわけだ。


事件記者の世界では、捜査当局の情報をいち早くつかんで記事にした者が
「特ダネ記者」として賞賛される。
その記事が社会的にどれほどの価値があるかは関係ない。

他者のライバル記者を出し抜く優越感と、
社内で評価されたいという欲望の満足が彼らには大切なのである。




国内で割とまともな記事を書くのは、東京新聞と北海道新聞。。
海外のメディアはウェブ翻訳して目にした方が分かりやすいです!(笑)
前記事にも書きましたが、新聞は検察によるリーク記事と作文から成り立っています!(笑)



今の政治資金規正法を現国会議員に厳格にすべて照らし合わせると
なんと8~9割が逮捕されてしまいます!!



ニューススパイラル 
"鼠一匹"も出ない? 小沢事情聴取ーー追い詰められているのは検察である。

すでに逮捕されている3人の元秘書に対する容疑は、
政治資金報告書の「不記載」(規正法第25条1項2号)や
「虚偽記入」(同3号)など、平たく言えば「帳簿のつけ間違い」で、
本来は、問題があれば修正すれば済む程度の経理係レベルの形式犯にすぎない。
今までの議員は全員修正で済んでいた。


こんなことで3人を起訴すること自体、「言いがかり」に近い不当起訴であり、
ましてや帳簿記載方法のいちいちを知るはずもない小沢本人に累が及ぶことではない。


もちろん、問題の土地を購入すること自体は小沢の指示・了解に基づくものであり、
またそのための資金調達にも彼が携わっているのだから、
仮に帳簿に何をどう記載したり記載しなかったりすることには
直接関わっていなかったとしても、
「不記載」や「虚偽記入」の「共犯」として小沢を起訴することは可能である。
しかしこれもまだ形式犯の範疇であり、
それで与党の大幹事長を失脚させようというのはいかにも無理な話である。

そこで検察としては、これが単なる「帳簿のつけ間違い」でなく、
ゼネコンの裏献金を用いて土地を購入し、
またそのような資金の出所を偽装するためにわざと銀行融資を立てるなど、
小沢自身が指揮して行った極めて悪質な意図に基づく
「帳簿操作」だったというお伽噺を作り上げる必要に迫られた。
そのために、無理は承知で3人の元秘書を逮捕し、
また小沢本人にも任意聴取を求めて、
何とかしてこのデッチ上げの材料を掻き集めようと計ったのである。

 これは無茶苦茶で、この大騒動の結果"鼠一匹"も出て来ずに検察が
大恥をかくことになる公算が大きい。



●水谷からの5000万円?

 検察がデッチ上げたいお伽噺の中核は、
この購入資金に「水谷建設からの5000万円の裏献金が混じっている」ということだが、
これがまず実証不能だろう。

 第1に、水谷側の供述の信用性に大いに疑問がある。
郷原信郎が指摘しているように、
水谷側が検察の言いなりになって注文通りの供述をしている可能性がある。

 第2に、一般論として、この手の公共事業で政商的な地方の中堅ゼネコンが
大手スーパーゼネコン(この場合鹿島建設)の下に入って下請け仕事を請け負おうとする場合に、
「ウチは前々から○○先生(この場合小沢)とは昵懇で、
しかるべき手は打っておきましたから」とか
「この地元はヤクザ(この場合岩手県の田舎ヤクザ)がうるさくて
私のほうで始末しておきましたから」とか言って、
その"実績"を手土産に下請けに入り込み、
しかもそのための闇経費分を下請け工事代金に上乗せして
スーパーゼネコンから支給して貰っていたりする。
ところが、てなことを言って中堅ゼネコンがスーパーゼネコンから裏工作資金の支給を受けても、
実際には政治家やヤクザに金を払っていなかったり、
もっと少ない金額を払っただけだったりして、
全部または一部をネコババしているケースもある。

 水谷あたりだとせいぜい年商100億円程度で、
それで表献金として自民党政治家を中心に10億円も配っていては利益など吹っ飛んでしまう。
そこで裏献金分のネコババが実質的な利益になったりするのである。
そこを突かれると、裏支給を受けているスーパーゼネコンへの申し開きとしても、
税務当局への言い逃れとしても、
「いや、確かにあの政治家の秘書に金を渡しました」と言い張ることにならざるを得ない。
従って、本当に水谷が石川にその5000万円を渡したかどうかは分かず、
「受け取っていない」と言っている石川が正しいのかもしれない。

 第3に、これも一般論として、政治家秘書の側でも、
しょせんはそういう闇の金であるから、帳簿に記入しないで済ませたり、
自分でポケットに入れてしまったりする場合がある。
石川が水谷から受け取ったにもかかわらず、
自分でネコババしてしまったから「受け取っていない」と言い張っている可能性も絶無ではない。

 とすると、検察が思い描くお伽噺が成り立つには、

(1)水谷から石川に本当に5000万円が渡っていた。

(2)その金を石川はどこにも流し込まずにそのまま封も切らずに取っておいた。

(3)土地購入資金を調達することになった時に、
  石川が「ここに水谷からの5000万円があるので、
  残りを小沢先生のほうで何とかお願いします」と言い、
  小沢が「おおそうか。では後は私のほうで何とかしよう」
  と答えたとかいうやりとりがあったことを、石川・小沢双方が認めた――
  という事実が確定できない限り難しい。
  仮に事実がそうであったとしても、それを裏付ける供述が2人から出揃う可能性はゼロである。



1月25日
「地検のリークあり得る」NHK担当者が視聴者問い合わせで私見

NHKは25日、NHKサービスセンターの担当者が、
政治資金規正法違反事件にからみ、
検察からのリークがあるのかとの視聴者からの問い合わせに
「あり得る」などと回答していたと発表した。
NHKは、この発言は担当者が思い込みで自らの考えを述べたもので、
不適切だったと判断。サービスセンターは今月22日に担当者との契約を解除した。

NHK広報局によると、今月16日の教育テレビ「NHK手話ニュース」で、
政治資金規正法違反事件で逮捕された石川知裕容疑者が
「容疑事実を認めた」との内容を放送。
この番組を見ていた視聴者からサービスセンターに、
「地検のリークはあるのか」との問い合わせが入り、
担当者が「リークはあり得る」などと答えていた。

担当者はNHKの元職員で、「捜査機関の発表もリークも似たようなものだと思い、
今回の対応をしてしまった」などと釈明したという。
内部記録をチェックしていた際に発覚した。
広報局では「視聴者の皆さまに深くおわびいたします。
再発防止に向け、指導を徹底してまいります」とコメントしている。



しかし首にするかねぇ~?
臭い物には蓋をしろ!みたいな感じ??
それともホントの事を言っちゃっているから、NHKがビビって首にしちゃった??(笑)


昨年、3月25日午前0時のNHKニュースでは、
逮捕された大久保隆規氏が政治資金報告書にウソの記載をしたという
起訴事実を認める供述をしていることが関係者への取材で明らかになったと報じられている。

しかし、これはまったくの誤報であった。

それどころか公判が始まってみると、今年1月13日に行われた第二回公判で、
献金元の政治団体がダミーだったかどうかという重要な争点において、
検察側の証人がダミーではなく実体があったと証言する始末。
つまりこの裁判において検察が描いた構図が根本から崩れてしまったわけだ。


このでっち上げの逮捕がバレちゃうといけないので、
石川議員の逮捕!という強行手段に出て、
見事に、この『ほぼ無罪』の報道を飛ばして国民の目から遠ざけられました。。


この時の石川議員逮捕時のやり取りが、ようやくネットに出てきました。。

この記事は昨日発売の『週間朝日』の記事です。



1月13日午後4時45分、突如、議員会館の石川事務所に見知らぬ人物が押しかけた。
衆議院事務局議員会館課の女性職員に案内されてきたのは東京地検特捜部の事務官ら7人である。

石川の部屋の前の廊下には記者たちが取材機会を求めて待機していた。その目の前での出来事だった。

操作は極めて強引であったようだ。まずドアをノックすることもせず、
会館の職員が東京地検の事務官を部屋に引き入れると、
捜索令状も見せずに、内側から勝手に鍵を閉めたのだ。

その間、捜査事務官たちは、部屋のモノには手を触れないように秘書たちの行動を制限している。
約30分後、石川本人が検事と共に部屋に戻ってくるまで無断で占拠し続けたのだ。

つまり、少なくとも30分近くの間、
令状もなく国会議員の部屋が無断で東京地検に“差し押さえ”られたのだ。
これは違法行為ではないのか。

--------------------------------------------------


上杉氏が特捜部関係者のひとりに確かめると
「令状なしの家宅捜査は聞いたことがない」との答えが返ってきた。
また土本武志元最高検検事は明確に「それは脱法行為である」と断定した。
つまり石川議員逮捕は手続きに不備がある違法逮捕だった可能性が高い。

さらには翌朝石川議員の秘書がその部屋に出勤すると、
押収されているはずの石川氏の携帯電話が机の上に忘れられていて、
弁護士を通じて検察に電話すると「じゃあ、持って来てもらえますか?」
などとのんきに曰ったというのである。
勿論この携帯電話は押収物リストに記載されていたのである。

この上杉氏の記事の前半部では検察が体調を理由に
聴取日程を日曜日の党大会の日に延期して欲しいという石川氏に対して、
検察が恐喝した行為も明らかにされている。

それは石川市の女性秘書が赤ちゃんを連れて出勤しており、
石川氏の部屋にベビーベッドを置いていることによりそのことを知った検察が言った言葉である。


--------------------------------------------------
「あの女の秘書、小さな子供がいるんだろう。
(事情聴取に)呼ばれたら、困るんじゃないか?」

--------------------------------------------------


このような人の弱みにつけ込むのは検察の常套手段のようで、鈴木宗男議員も証言している。

--------------------------------------------------
「私にもね、経験がありますよ。検察はこうも言いましたよ。
『捜査に協力しないと事務所の女性秘書を逮捕するぞ』って。
でもね、彼女は、当時、重い病気だったんですよ。
それを、結局、私がいっさい調書に応じないからって、本当に逮捕したんです。
許せんですよ、本当に。結局、彼女は亡くなってしまったんです」

--------------------------------------------------

記事にはないが付け加えると、この鈴木宗男議員の女性秘書は重度の癌を患っていて、
頻繁に病院での治療が必要な状態だった。
そして逮捕されるとその治療さえも制限されたという。
また公職選挙法違反で(事後買収)で失職した出口晴三元葛飾区長も証言する。


--------------------------------------------------
出口が(調書にサインを)拒んでいると「じゃあ、女房を呼ぶぞ」という例の脅しが始まった。

「それでも応じないでいると、許せないことに、当時中学3年生の長男を呼んだんです。
未成年ですよ、まだ14歳の。そこで検事はこう聞いたそうです。
『おまえも父親のような政治家になりたいのか』って」

--------------------------------------------------



う~ん!腐ってますねぇ~!
こういった事を報道しない大手メディアとマスゴミ!
これで正義の味方!だと言っても誰も信じないでしょう。。。


解ってしまえば何て事はない、単なる検察の暴走と腐ったメディアの連合による
民主党潰し!って事です。。。その裏にも色々ありますが!(笑)


テレビと新聞しか読まず、ネットでちゃんとした政治ブログを見ない人達にとっては
ほぼ100%の確率で、民主党も自民党と変わらない!と洗脳されてしまうでしょう。。。


政治ブログを読んで、情報に強くなり真実に目覚めて賢くなる事を祈ります。。。


参考資料

植草一秀の『知られざる真実』


植草事件の真相掲示板


阿修羅掲示板


鈴木宗男のムネオ日記


きっこのブログ


晴天とら日和


カナダde日本語


マスコミは検察の犬 自民・河野議員が「検察報道」批判


河野太郎公式サイト 


ニュースのトリセツ


副島隆彦 気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ちまり
2010年02月04日 22:40
日本の借金・・・
裏献金で45人分くらい払えちゃいますよねー (;^ω^)
お金って、ある所にはあるんですねぇ
わたしは頑張って宝くじにかけます ( >д<)
2010年02月09日 12:43
こんにちはー
ご無沙汰しておりました
今年も宜しくお願い致します

裏話を言ったら というよりか
暴いたらきりがないくらいの世の中よね
私達の情報源と言ったらどうしても
TVのニュース程度にとどまってしまうし
マスコミだって捜査されているのは
重々承知
美味しそうに聞こえる事しか報道しないものね
皆自分の首が怖いのよ
結局正義振りかざして本当の事をいっても
路頭に迷うだけ
長いものには巻かれろ
臭いものには蓋をしろ
出る釘は打たれる
きっとこんな言葉も政治家から
生まれた?(笑
日本は民主主義とはなっているけれど
本当の所は。。。。
金と権力がまかり通る世の中でこよなかれ主義に
教育されてそこそこの骨抜き教育で生ぬるく
やる気も失せる
そのくせ表面上は平等を語る
みな腹を立てモノ申す事すら忘れていく
暴動が良い訳ではないけれど
何かおかしいと感じそれを正確に
伝える・伝えられるすべがほしいですね

それにしても女性秘書の話は
初めて聞きました
とっても恐ろしいです

これは余談ですが
小沢さん すごく面倒見は良いらしく
自分の選挙に絡んだ方達が万が一
不祥事を起こした時は最後まで面倒
みるとか?地元ではかなりの信頼関係が
成り立っているみたい
口下手なぶん奥さんの内助の功も
素晴らしいらしく奥さんあっての
小沢さんだ という声も。。。

いずれ
まっとうな生き方のできる世の中にしてほしいですね~♪

タイトルを目にした時思わず噴き出して
しまいました(笑
2010年02月09日 12:48
そうそう書き忘れた

総理 総理 総理!
そう ○民総理をつついた議員は
必ず捕まる
目の上のたんこぶは調べ上げ
自分たちのやっている事は
棚に上げるどころか奥深くしまい
振りかえった顔は翁の笑い???(爆
尻尾のつかみあいね(笑

真実が知りたいですねぇ~♪
どなちゃんさん お疲れ様~
どなちゃん
2010年02月11日 15:20
ちまりさんへ♪
こんにちわ~♪

前コメでの小沢の話しですが、
『今年の注目するべき世界の指導者10人』の3位に選ばれていた件の
話しでしょうか。。
この中で、小沢氏の選出理由として
「疑惑を乗り越えれば、7月の参院選で民主党を勝利に導き、
同党に政府に対する非常に強い主導権を与えるチャンスがある」

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20100121-587828.html

選挙には、お金が要ります。。
鳩山家のブリジストンや、小沢の嫁さんが土建屋さんの娘で
お金持ちだったり、岡田はジャスコで稼いで、
麻生はニコニコ動画を持っていたりと、
何かと挙げればキリが無いですが、一般庶民には縁(¥)の無い話しで・・(笑)

日本の借金は、財務省が毎年公表していますが、
これは増税しなきゃいけない!という世論を作るためのものであって、
決して純粋な借金では無いのです。。
これも腐った記者クラブによる国民への洗脳でしょう。。
どなちゃん
2010年02月11日 16:03
飛鳥さんへ♪
こんにちわ~♪

何でこんなに新聞は腐ってしまったんだろうと思い、
色々と調べました♪(笑)

飛鳥さんのおっしゃる通り、長いものには巻かれろ!的なものしか
出てきませんでした。。
やっぱり一番の癌は記者クラブ!ですね~。。
この記者クラブという制度は日本とジンバブエにしか存在せず、
権力者の意向で、好きな方向へ向かわせられるという恐ろしいものです。

今の検察も旧自民(森や小泉の清和会)の勢力下にあり、
民主党の改革を潰そうと躍起になって、
真実を書こうとすると記者クラブを除名して記事を書かせなかったり、
圧力を掛けたりと腐れまくっていますが、
今回の報道では、フリージャーナリストの上杉隆さんなど
ブログやツイッターで裏側から、つぶさに観察・つぶやいていた為、
マスゴミの悪どさが丸見えでした♪(笑)

上の記事の死亡した女性秘書はムネオ議員のものですが、
次の記事で、石川議員の女性秘書に対する検察の異常な捜査を
書こうと思っています。
この石川議員の女性秘書に関する事は週間朝日に連載している
上杉隆さんの取材で明らかになったものです。。
既に上記のブロガー達で記事にされていますが、
まだ目にされていない方達にぜひ読んでもらいたいです。。
新聞・テレビでは報道されていない事が細かく書かれています。。

お薦めは、晴天とら日和です♪
この方は、共同通信の元記者さんだけあって、
情報収集力は素晴らしいものがあり、ほぼ毎日更新しています♪
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/